「プラスチック段ボールとは」

 

段ボールというのはどこへ行っても一つは見かけるものだと思います。食品を入れるのに使用されたり、工具を入れるのに使用されたりと、様々なものに有効活用されています。そして、段ボール箱には、多くの種類があります。その中で、プラスチック段ボールというものがあります。そのプラスチック段ボールというのは、いったいどのようなものなのでしょうか?

今回はプラスチック段ボールについて紹介していきたいと思います。

プラスチック段ボールとは、通称「プラダン」や「ダンプラ」などと呼ばれています。プラスチック製の段ボールに類似したもので、中空構造のシートです。

紙でできている段ボールとは違って、耐水性と耐久性がとても高いものになっているので、強度が必要な用途や長期利用されるもの、再利用を前提としたケース類などにも使用されています。機械類を入れる場合もこのプラスチック段ボールの方が安全性はあるのかと思います。

プラスチック段ボールの材料にポリプロピレンを使用しているために、加工には専門の接着剤を使用します。もしくは、専用の熱溶着機を使用して、接合及びくみ上げの方を行うと言われています。これが最近の主流にもなっているそうで、印刷する場合のインクも特殊なものを使用しています。

このように、プラスチック段ボールというのは、さまざまな用途で使用されていて、強度が強いのでこれからも色々なものを運ぶ際も使用することができると思います。